くすみに役立つ美白ケアとは

  • くすみを取り除く美白対策

    • 肌にくすみが表れたら、それはメラニン色素のせいかもしれません。

      紫外線を浴びたり摩擦などの刺激を受けると、防御反応として肌はメラニンを生成します。



      この働き自体は正常なものですが、できてしまったメラニンを含む細胞がいつまでも肌に留まると、くすみになったりシミができたりします。



      ケアを行う時は、メラニン色素が原因ですので美白に効く化粧品を利用します。美白に効く成分といえばビタミンC誘導体ですが、ビタミンC誘導体はビタミンCよりはるかに高い浸透率をほこりますので、その分効果も高くなります。

      美白化粧品によるケアはとても地道なものであり、一定の成果をあげるまでには時間がかかりますが、予防効果もありますので根気良く続けていきたいところです。



      また、肌の血流が滞ってもくすみが表れて顔色が悪くなります。

      このタイプのくすみは青白く見えることが多いのですが、体質的には冷え症の人が要注意です。



      冷え症の人は全身の血行が悪くなりますので、顔も例外ではありません。しかし、血行が悪くなると細胞の働きに必要な栄養素が十分に運ばれてこなくなり、活動が鈍ります。



      改善するには、お湯と水で交互に洗ったりして強制的に血流を良くするケアが有効です。



      血流が良くなると肌細胞の生まれ変わりが活性化されますので、新しい細胞がどんどん生まれます。



      代謝を改善することで、透明感のある白い肌を手に入れることができますので、血行促進のケアを続けていくことが大切です。



  • 関連リンク

    • 最近なぜか肌に透明感がない、顔色が悪く見えるという状態をくすみと呼びます。これは、ハッキリいって毛穴に汚れが詰まって黒ずんでいるということが大きな原因なのです。...

    • 顔色がなんとなく冴えず、黒っぽく見える。そんな症状がある方はは、それはくすみのせいかも知れません。...