くすみに役立つ美白ケアとは

  • 美白成分でくすみを撃退

    • 顔色がなんとなく冴えず、黒っぽく見える。そんな症状がある方はは、それはくすみのせいかも知れません。顔のくすみは、肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが加齢やストレス、生活習慣の乱れなどの原因によって上手く行かなくなることで起こります。



      ターンオーバーが乱れると古い角質がいつまでも肌にとどまり続けることになります。



      この古い角質には紫外線の影響によって生成されたメラニン色素などが含まれていますので、顔を黒っぽく見せることにつながるのです。そのため、このメラニン色素の排出を促し、また生成されないように予防することこそがくすみの改善のポイントとなるのです。



      メラニン色素の排出、生成予防には美白効果のある成分を配合した化粧品でのケアが有効です。



      美白成分には様々なものがありますが、効果の現れ方で分類するのであれば2種類に分けられます。



      一つはすでに肌に排出されたメラニン色素を無色化して排出を促すタイプの成分です。

      これはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分が当てはまります。



      ビタミンC誘導体は穏やかな効き目で肌への刺激が少ないという特徴がありますので、肌の弱い人でも安心して使用できます。



      ハイドロキノンは美白効果が大変強く、シミの改善にも用いられる成分ですが、刺激性がやや強く人によっては肌に赤みやかぶれ等が現れることもありますので、使用前のパッチテストをおすすめします。


      一方メラニン色素の生成を予防するタイプの成分にはアルブチンなどがあります。



      毎日のスキンケアに取り入れることでくすみやシミができにくいお肌に整えることができますので、長期的に常用することでくすみ予防になります。

  • 関連リンク